映画制作の役割分担について

映画製作については下記の役割がメインとなりすすめていくことがおおいです。

製作

映画としてヒットしそうな原作本や企画、脚本を見つけるか、自分の企画を脚本家に書かせて、会社の企画会議で映画化案を通し、映画を予定された期間内に予定された予算内で完成させ、公開するための作業をします。
そのために集客力のある俳優に出演交渉したりします。

でも、試写で不評であれば日本のようにそのまま公開するのではなく、別の脚本家や編集の人に修正してもらい、最悪別の監督を使ってでもなんとか出資額が回収出来るようにするのも制作担当者の仕事です。

監督
ほとんどの場合、映画を製作する人に依頼されて撮影現場を監督します。
決められた期間内に予算内で完成させる能力が高い人が重宝されます。
最終編集権はほとんどの場合、監督にはありません。

製作総指揮
多くの場合、製作主体の会社の社長や制作部門の責任者や会長などがクレジットされます。
たとえば、スピルバーグの会社アンブリンが製作した映画の場合、製作総指揮にスピルバーグがなります。

その監督の会社が大きく出資していた作品で赤字だったとすると、製作した会社はその後その損を取り返すのに大変だったかもしれません。

そしてしばらくはその監督の企画は映画化はされないかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>